疑問や不安をあやふやなままにしない

フリーレント対応物件は詳細を確認しましょう!

「フリーレント対応物件です!」という物件を見かけたことはありませんか?フリーレントとは、予め定められた期間の家賃を無料にする、という契約のことです。できるだけ安く住みたいと思っている方にはとても魅力的な物件ですよね。

ここで確認したいのは、フリーレント期間終了後の家賃が初期費用の中に組み込まれているかどうか、という点です。物件によっては、家賃数カ月分を初期費用に組み込んでいることがあります。せっかくのフリーレント契約であっても、初期費用で家賃を数か月分まとめて請求されてしまっては、かえって高くつく場合があります。できるだけ早い段階で確認すると、効率よく物件を探すことができます。

また、フリーレント契約に付随して、最低居住期間等の制約が設けられている場合もあります。万が一、その期間が過ぎる前に退去した場合には違約金が発生する物件もありますので、併せて確認するようにしましょう。

内覧で発見した汚れや破損箇所はすぐに確認しましょう!

内覧した際に、汚れを発見した場合は、その場でその旨を申し出てみましょう。不動産会社によっては、把握していない場合もあるためです。あまりに酷い汚れの場合は、引き渡しの前に清掃してもらえないか確認するようにしましょう。物件によっては「清掃済み」となっていても、実際には汚れが酷く、引っ越し初日に大掃除をすることになった、ということもあります。

また、破損箇所を発見した場合も同様です。不動産会社が破損を把握していなかった場合、自分が退去する際に修繕費用として請求される可能性があるからです。例え小さな破損箇所であっても、念のために確認しておくと安心です。引き渡しの前に清掃・修繕対応をしてもらえない場合は、その旨を書面に残しておきましょう。