近隣トラブルのリスクを見極めるには

エントランス・ゴミ捨て場をチェックしましょう

部屋を借りる際にできれば避けたいのが、近隣トラブルですよね。内見時にしっかりとチェックをしていれば、事前に近隣トラブルのリスクを減らすことができます。


近隣トラブルをさけるためにチェックしたい1つ目のポイントは、エントランスとゴミ捨て場です。エントランスとゴミ捨て場は、その賃貸に住んでいる入居者の生活を映す鏡のようなものです。エントランスにチラシが散乱していたり、ゴミ捨て場でゴミ捨てのルールが守られていなかったりしたら、そこの賃貸に住んでいる人のマナーは悪いと考えた方がいいでしょう。
マナーの悪い入居者はトラブルの元です。

近隣トラブルを避けるためには、エントランスとゴミ捨て場が汚いかどうかをチェックすることが重要です。

外国人入居可の物件かチェックしましょう

近隣トラブルで多いのが、外国籍の方が起こすトラブルです。外国籍の方は日本人とは育ってきた文化がまったく違います。だからこそ、日本で常識とされているようなことがわからず、トラブルに発展してしまうことも。

日本人の入居者であれは、夜中に大きな音で音楽をかけてはいけないことや、友人が遊びにきていても遅くまで騒いではいけないこと、ゴミ捨てのルールなどを当然、知っていますよね。でも、外国人の方はそうではありません。日本で常識とされていることがわからず、他の日本人入居者に迷惑をかけてしまうこともあります。仕方ないことではありますが、実際騒音に悩まされたら、嫌ですよね。

神経質な方、近隣トラブルを本当に避けたい方は、外国籍の方が入居可になっているかどうかも忘れずにチェックしましょう。